引きニート 子供の頃にいじめられなくなったパターンを5つ書く

どうも、皆さん、こんにちわ。トラジです。ブログ、続けてます。

今回のいじめ解決パターンは子供の時の話です。

大人のいじめには対応できていません。誰か助けてください。

 

 後半は高校生になっても浮いていた話です。

 

 

Aさん

好きな男の子の前でしおらしくなるのに気付きその男の子と仲良くなることで解決。

 

B君

何を思ったか一緒に遊ぶ約束をし、

B君の趣味である「デコ自転車」に油を注しながら話をすることで打ち解けて解決。

 

C君

我慢できなくなって腹に後ろ蹴り、C君が先生に私から蹴られたと泣きつき

学級会になる。が、クラス全員がC君が私をずっといじめていたと証言して解決。

 

D君

自分の布団の中で泣いている所を親に見付かり

何かアドバイスを受けて解決。(センター試験で久し振りに会ってビビった)

 

E君

大人のコミュニティを知りE君が急に子供っぽく見えて無視するようになる。

E君は急にいじめの反応が私からなくなり面白くなくなって自然消滅。

 

思いつくのはこれくらいです。

運よく高校からは制服をぴちっと着た

まともな人ばかりのコミュニティになりました。

大学も私の周囲はまぁまぁまともで、

卒業したらまともじゃない人と一緒になる事が出てきて

それに対応できず、引きニートになりましたね。

 

お、ちょっと引きニートを脱出する糸口が見えそうですよ?

頑張ってまともな人しかいない職場に当たれば上手くいくのでは?

しかし、それは面接を受けただけでは分かりませんよね。

採用されてある場所に配属されて初めて

一緒に仕事をする同僚がどんな人なのか探る所が始まりますよね。

数年経って本性が見えてきたら嫌いなタイプの人だった、なんてこともあるな~。

結局社会に出る不安は解決はしてないな~。

 

 

そんなに長くないと思うので、

高校生になっても浮いていたっていう話をしましょう。

 

髪型が乱れると言って周りには誰も帽子を被っている人がいませんでした。

私は小学生になる前からキャップを日よけに被っていました。

ある友人から

「そのキャップ被ってて恥ずかしくないの?
遊びに行って一緒に歩きたくないな。」

と言われました。

確かにそのキャップを被っていると大人子供関係なく

不特定多数から、からかわれる事があります。

お、気付いてくれた。知っている人がここにもいるんだと私は嬉しかったです。

しかし、それを恥ずかしいと思った事はなく驚いた事を覚えていますよ。

その友人とは言った通りに一度も一緒に遊びにいきませんでした。

 

同じ人にもう1つ言われました。

「シャツをインするなよ格好悪い。お年寄りかよ。」

ちょっと待て、シャツをインして何が悪いんだ。

お腹を冷やして

「ごめん、お腹痛い。ちょっとトイレ。」

ってトイレに駆け込むよりは格好悪くないだろう。

じゃあ、私より背が小さくて

足が短いんだから腰パンやめろよ!更に短く見えるだろ!

足の長い人がやるから格好良いんであって、

足が短い人は短さに拍車がかかるだけだろ!

私に文句言う前に自分の事を直せよ!お前は私の彼氏かよ!

あと、中学生英語のシャツやめろ!

それなんて書いてあるか分かって着てるのかよ!

くそう、なんで私だけ、なんで人と違うだけで注意されなきゃいけないんだ!

みんなと同じ格好なら普通なのか!?その普通って何なんだ!ふざけ倒せよ!

 

しまった、ネガティヴなブログは読まれないんだ。

どうして悪い事ばかり思い出してしまうのでしょう。

何か良い事が書けるように頑張ってみますね。

 

文字数行きましたね。今日はこの辺で。

では、また。