トラジのブログ

脱ニートしたい。ブログを始めてみたが変化がない気がする。

引きニート 「増やす」ダイエットのレベル1の方法を書く

皆さん、こんにちわ。トラジです。ブログ、続けてます。

食事を「減らす」事ではなく、

運動を「増やす」事でダイエットしましょう。

 

 

少し前の記事で「増やす」ダイエットが良い理由を書きました。

引きニート 「増やす」ダイエットを提案 - トラジ0115のブログ

今回はレベル1の方法、私がやった例として軽い負荷の筋トレを書きたいと思います。

 

 

レベル1(筋トレ負荷弱め、できる回数から増やす)

例えば、腕立て伏せをしましょう。1日5回やったとしましょう。

土日休んで20日やったら、合計100回ですよ。

人生で3桁の腕立て伏せなんてやったことありますか?

昔、ある先輩が話していた言葉ですよ。

1年で途中できない日があったとしても合計約1000回はやる事になりますね。

体は嘘をつきません。真面目にやれば良い結果が出ますよ。

負荷が弱いと途中で足踏みをしている結果が現れます。

その時はレベル2へ進んでくださいね。

 

詳しい筋トレの方法はグーグル先生に聞いた方が

より良い方法を、体を壊さないポイントを教えてくれるでしょう。

何度も書いている気がしますが、絶対に無茶はしないでください。

 

筋トレもストレッチと同じく使っている筋肉はどこか考えながら筋トレしてください。

引き締めたい部分はどこか、筋肉を付けたい部分はどこか

運動の種目は一緒でも意識して体の動かし方、筋肉の使い方を変えます。

 

ご飯を「減らす」のではなく、日常の生活の中に筋トレを「増やす」

朝起きたらちょっとやる、ご飯食べる前にちょっとやる、

テレビ消したらちょっとやる、お風呂入る前にちょっとやる、

寝る前にすると眠れなくなるかもしれないので軽いストレッチまでに留めてください。

 

最初はできる回数から始めて、毎週1回ずつ「増やす」くらいで進めましょう。

まずはどれも10回楽にできるように目指して頑張りましょう。

いきなり多い回数を目標にすると3日坊主になります。

毎週できる回数が「増えていく」とモチベーションを高く維持できますよ。

 

ちなみに、私がやっている例を挙げると

腹筋、背筋、腕立て、スクワットです。

 

腹筋

 横になって脚を空気いすの形

(胴体と太もも90度、膝も90度曲げ脛の上に物が載せられるように水平)にします。

両手を垂直に伸ばして固定、体を起こして膝の皿にタッチして戻ります。

 

背筋

背筋を伸ばして気をつけの立ち方、腰を90度に深くお辞儀します。

それを繰り返すだけです。

 

腕立て

膝をついて肩幅で手を床に付き、床に顔が付くくらいに伏せましょう。

伏せるときに外側の筋肉、立てるときに内側の筋肉を意識しましょう。

 

スクワット

肩幅に足を開いて立ち、膝を浅く曲げて立つを繰り返します。

下を向かないようにして、膝を痛めないよう、お尻を後ろに突き出すように

膝は45度いくかいかないかくらいの浅めでやってください。

 

注意書きが少なすぎるのでグーグル先生に

肘や肩、膝に腰などを痛めない正しいやり方を聞いてください。

 

次はレベル2です。日常生活に筋肉・体幹トレを「増やす」です。

毎月数を「増やす」ダイエットです。