引きニート 「増やす」ダイエットのスタートを書く

どうも、皆さんこんにちわ。トラジです。ブログ、続けてます。

少しずつ「増やす」ダイエットの具体的な内容を

レベルごとに分けて書いていきたいと思いますよ。

 

その前に、まずは自分がどこから始めるのか、確認をしましょう。

 

 

腕立て伏せの構えとスクワットができますか?

 

構えたら手首が、スクワットで膝が爆発しそうな人は、

レベル0へ(まずストレッチ)

引きニート 「増やす」ダイエットのレベル0の方法を書く - トラジ0115のブログ

 

構えられるができない、1桁回が限界の人は、

レベル1へ(筋トレ負荷弱めにして、できる回数から増やす)

引きニート 「増やす」ダイエットのレベル1の方法を書く - トラジ0115のブログ

 

両方とも10~20回が限界の人は、

レベル2へ(筋トレ負荷普通、できる回数から増やす)

引きニート 「増やす」ダイエットのレベル2の方法を書く - トラジ0115のブログ

 

20回以上できる人は太っているんですか?私には分かりません。

この「増やす」ダイエットでは負荷が弱すぎるかもしれないですよ。

レベル2をすることでキープはできるでしょう。

次の段階(更に上のマッチョへの道)は

ジムのトレーナーやマッチョな社長さんにお任せします。

 

忘れないうちに先に書きます。

「肉体労働をして毎日汗をかいてるから運動はしなくても大丈夫。」

という考えは少し変えてください。

父がそうでした。3桁直前の体重から

炭水化物を「減らす」ダイエットをして肉体労働を続けた結果、

筋肉のすくない痩せ細った体になってしまいました。

会う人に

「お父さんどうしたの?病気?」

と聞かれてしまいます。

「運動」と「労働」は音は似てますが漢字も違えば筋肉の使い方、

体を動かしている時に考えている事も違います。

仕事を考えながら体を動かすのと、

使う筋肉を意識して意識的に筋肉を動かすのは違う事なんですよ。

 

ストレッチから始める人は

伸ばしている筋、腱はどこか考えながらストレッチをしてください。

 

筋トレも同じく使っている筋肉はどこか考えながら筋トレしてください。

 

私は腕立て伏せをする時に今まで、立ても伏せも何も考えずにしていたので

腕の外側、小指側だけでやってしまい、いつまでたっても胸筋が付きませんでした。

腕の内側、親指側に力を入れて伸ばす事を考えると胸筋が付きはじめました。

 

マツコデラックス さんくらい太っていた友人は

通勤・通学のバス、電車、バスに徒歩を「増やす」だけで

石塚 英彦 さんくらいになりました。

私はその先の引き締め方を考えています。

歯を磨いている時に足を、トイレから出た時に腕を、

テレビのCMの間に胴体を動かす時間を「増やす」ダイエットです。

その時間を毎月少しずつ「増やす」事で負荷を少しずつ増やします。

 

半年続ければ自分が、1年続ければ一緒に住んでる家族が、

1年半続ければよく会う友人が、気付いてくれますよ。

継続は力なり、ですよ。

では、また。